加盟コンサルタントご紹介

サムネール画像

» 一覧に戻る

清水 亜希子(しみず あきこ)

【当社ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座 第8期卒業生】

【対応可能エリア】東京都三鷹市・武蔵野市・小金井市を中心とした東京都下エリア
上記以外の地域もご相談ください!
東京23区、神奈川、千葉、埼玉、奈良、新潟、青森 他全国

HPhttp://ff-connect.com/

【e-mail】info@ff-connect.com

【コンサルティング実績】

■社員30人以下で
・コスト削減と利益向上による継続的な会社の成長を望む社長
・家業→企業へのステップアップを目指すオーナー社長
がビジョンを実現するための「ワークライフバランスコンサルティング」「働き方見直しコンサルティング」を行っています。
主なクライアントは、建設・造園業です。

その他、
■個人事業主向けの「時間管理コンサルティング」
■自治体・業界団体での「ワークライフバランス講座」講師
■ママの復職を支援する「ママインターン講座」講師
■私立大学男女共同参画推進室コーディネーター
等の形で、企業・個人・地域のワークライフバランス実現を支援しています。

【ライフでの活動】

夫と長女・長男・次男の5人家族です。
”相手への思いやりを持ちながらも、我慢はしない”をモットーに、深夜帰宅が続くこともある夫と、子どものこと、自分のこと、些細なことも適宜伝えるコミュニケーションを実践。家事に育児に仕事にと、協力しています。この春から務めている長男・次男が通う保育園の保護者会の会長職も、この協力体制があってできています。
地方に住む夫の両親には、2ヶ月に1回程度、最低2週間滞在してもらう機会を作り、孫とのふれあいという名の親孝行をしています。その間は私の「外出強化週間」となり、友人との食事(お酒とカラオケが大好き♪)や学びの時間を作っています。

【ご覧頂いた皆様へ】

「この会社でずっと働きたい」そう思える会社を1社でも増やすこと。
「この人にずっといて欲しい」そう思われる人財を1人でも増やすこと。
企業と個人が相思相愛である状態、それが私が考えるワークライフバランスの一つの形です。
その実現には、お互いのたゆまぬ努力が必要です。既に努力しているよ、という方。その努力、独りよがりになっていませんか。社長や担当・社員の方に寄り添いながら、“お互いに向かって進んで行く努力”を“考え方と仕組みの導入”で後押しします! ぜひお気軽にご相談ください。

» 一覧に戻る


 
本文終わり