ワークライフバランス最新情報!

全国のWLB好事例

【日本通運株式会社様】モデルグループインタビュー&最終報告会ダイジェスト

2018年5月16日

【日本通運株式会社様】モデルグループインタビュー

モデルグループインタビュー

日本通運株式会社海外引越事業支店にてワーク・ライフバランス活動に取り組んだモデルグループの8人に座談会形式でお話を伺いしました。

(海外引越事業支店営業第二部第三グループ:廣瀬様、冨岡様、嶋川様、山本様、友岡様、谷口様、遠藤様、紀室様)

 

──まずは、働き方見直しに取り組んでの感想からお聞かせください。

嶋川様:私は、取り組むスピードの速さと、「とにかくやってみよう」という皆の意識に驚かされました。会社の姿勢が大きく変わっているのを強く感じました。


遠藤様:大きい会社の場合、変えるのは大変だろうという思いもありましたが、自分たちで行動することで実際に職場を変えることができるんだな、と実感しました。このまま進んでいけば、長く勤めたいと思う人がもっと増えていくと思います。

山本様:今までこの種の取り組みは立ち消えになってしまうことも少なくなかったのですが、今回は会社の本気度も感じ、一丸となって取り組むことができました。外部のコンサルタントから助言をいただいたことで、新しい風が吹いて、非常に取り組みやすくなりました。


廣瀬様:チームワークが密になり、皆の笑顔が増えて、楽しく仕事ができるようになったというのは本当にありがたいと思っています。勤務時間が短くなる一方で、業績も上がったというのも嬉しいですね。

冨岡様:家にいる時間が延びて、ライフにも注力できるようになったことで、相乗効果でライフとワークが充実するようになりました。また、職場内でコミュニケーションが円滑になり、皆の個性がすごく見えてきました。

友岡様:ここ数か月で、役割と責任が急に身についていると思えるようになりました。また、今までは何時に帰ることができるかわからずライフの予定も立てられなかったのですが、最近ではそういったストレスがなくなったのも大きいですね。


――ライフでもワークでもやり残しがあると、未完了感を感じてエネルギーが奪われてしまうという人間の性質があります。おそらく、その未完了感が解消したことが、友岡さんにとって気持ちのいいことだったのではないでしょうか。ぜひ、このまま継続していただけたらと思います。

谷口様:正直に言うと、私自身はプロジェクトが始まって早く帰るようになってからも、なんとなく未完了感があって、もやもやを抱える日が続いたこともありました。ただ、皆いい方向に向かっているのは確かなので、私も不調の日を少なくしていけば良くなるという手応えを感じています。

 

──谷口さんは、それをどのように乗り越えましたか?

谷口様:ゆっくり1時間くらいお風呂に入り、気持ちを切り替えるようにしていました。


――自衛官のメンタルトレーナーをされていた下園壮太さんによると、ストレスには3段階あるといいます。ストレスがないのが第1段階。第2段階は日常的な仕事のストレスを感じている状態。第3段階は、うつや過労を引き起こす深刻なレベルです。第2段階では、ストレスを受けたときのダメージが2倍に、第3段階では3倍になるそうです。

なぜストレスレベルが上がるかというと、疲労がたまるからです。私たちはストレスを解消するために楽しいビデオを見たり、お酒を飲みに行ったりして気分転換を図りますが、その場合、一時的に回復できても、疲労は蓄積して第3段階に進んでしまうことがあります。

自衛官はそれを防ぐために睡眠と水分補給に心がけているそうです。ですから、谷口さんがお風呂に入ってケアしていたというのは理にかなった方法だと思います。


紀室様:「なぜこの取り組みをしているのか」「どこが課題なのか」といったことが新入社員の自分には右も左もわからなかったのですが、先輩方の視点に学ぶことが大きかったと思います。同期からもうらやましいという声があるので、私から同期の仲間に広めていきたいですね。

山本様:全員がカエル会議や報告会に参加しているわけではないので、「何をやっているんだ」という意識の人も少なからずいます。皆で同じ方向を向いていけるかという課題はまだ残されていると思います。これをきちんと浸透させていきたいですね。

――山本さんはチーム内の温度差に対して非常に敏感なアンテナをお持ちだったのが印象的でした。そういった視点が、次の課題をいち早く見つけ出すことにつながっていると感じました。


嶋川様:テレワークを試行しましたが、当社では初めての取り組みということもあり関係部署を巻き込むことが大変でした。一歩を踏み出すことがこんなにも大変なんだと改めて実感しました。


──これから他の部署でも働き方改革に取り組むことになりますし、これから取り組もうとする会社もあると思います。そうした人たちに向けて、実際に取り組んだ皆さんから、ぜひメッセージをお願いいたします。

谷口様:自分のやる気しだいで、結果は大きく変わってくるので、ぜひ頑張ってほしいと思います。

友岡様:どんなに小さいことでも「これを変えたい」と思うことがあれば、そう思っているのは自分だけではないので、とりあえずやってみるのをお勧めしたいですね。

冨岡様:自分自身で「限界」とか「常識」という見えない壁をつくってしまうことがあるので、その壁を作らない、超える、壊すということを意識していただきたいと思います。そして、いつも前向きにしているといいことがあると思うので、前向きでいることも大切です。


廣瀬様:始めたら止まってはいけないということです。やってみると大変な部分もありますが、面白さ・楽しさもあるので、ぜひ楽しんでほしいと思います。

山本様:これから取り組もうとする人には、今までの当たり前にしばられず、新たに転職した気持ちで取り組んでほしいです。

遠藤様:「自分が言っても変えられないだろうな」と思っていることが多いと思うので、1回言ってみることが大切です。とりあえず言ってみて周りに広めていくことにチャレンジしてほしいと思います。

嶋川様:後になって使えることもあるので、今すぐ必要かどうかを考えずに、とにかくやってみるというのが一つ。そして「これってどうなんだろう」と疑問を持つ気持ちを維持していくとよいと思います。

紀室様:同期に向けては、悩む前に話し合ってみようと言いたいです。他の人に話したら、案外簡単に解決できたりするものです。それから、新入社員が持っている悩みは会社の課題かもしれないので、とにかく話題に出してみるのをお勧めしたいと思います。


――メッセージを届けたい相手も多様で、このチームは本当にお互いの多様性を大切に取り組まれてきたのだなと改めて感じました。皆さん本当にありがとうございました。

(聴き手:株式会社ワーク・ライフバランス 濱田、新井)


日本通運株式会社様 最終報告会 「働き方を改革し、100年企業を目指す」

取り組み当初の課題【Before】

社員が働きやすく、持続可能な会社をつくるために

総労働時間の短縮が急務。


取組後の効果【After】

モデルグループの残業が減少傾向に。

効率的な働き方、柔軟な働き方の浸透を実感。


2017年3月3日開催。3つのモデルグループによる取組の発表が行われた。それぞれのチームでコミュニケーションの密度を深めながら工夫を重ね、生産性を高めていく軌跡が明らかにされた。


 

■成果報告ダイジェスト!

各チームの発表に先立ち、今回海運事業部門で実施したプロジェクトの目的・目標の再確認が行われた。プロジェクトの目標値は「全従業員超勤平均20時間以内」「超勤半年平均45時間超過者ゼロ」。

現有の働き手を維持し、学生にも就職先として選ばれ、長時間労働排除に向かう社会的政治的な動きに対応するためにも総労働時間の短縮が重要な課題であること、その課題を乗り越えた先に100年企業の実現があることを再確認。

また、3つのモデルチームでは、それぞれ総労働時間が短縮の方向に向かっていることが示された。


・海運事業支店のグループでは、朝メールを実施し、集中タイムを取り入れたことで生産性が向上。従来の定時退社日である水曜日に加えて月曜日も定時退社日とする、メール作成時間短縮の取り組みを行うなど、一連の工夫を通じて、残業削減にもつながるように!

 

・東京ロジスティクスプロバイダー支店のグループでは、全員が月1回の年次有給休暇取得を目指し、2017年2月には11名中10名が年休を取得。休暇取得の過程で、複数人での業務共有・相互理解が進むことに。残業削減にとどまらず、業績への意識も向上!

 

・海外引越事業支店のグループでは、テレワークを試行したほか、「超小集団活動」の実施によりこまめな情報共有を起点とする働き方の改善を展開。平均18時間と大幅な残業削減と、対予算137%業績向上の両立を実現!


■事務局による総括

最終報告会を受けて、事務局からは17年度上期以降、「朝メールの関東ブロック3支店での展開」「終業後の留守番電話の導入」「年休の計画取得実施」「テレワークの推進」について取り組むことが提言された。

 

■WLB小室社長総評

最終報告会の内容を受け、小室社長による総評が行われた。

有給取得やフリーアドレスなど、中間報告後に取組が加速したことに触れ、「期待を超えている」と評価。その背景として、「会社の本気度が伝わってきたことで不安感が払拭されたことが大きい」と指摘した。

今後とも、上長が本気度を自分の言葉で伝え続けることの重要性を伝えたほか、今後の時間外労働の上限設定に向けた動きを紹介しつつ、業界内で優位に立つためにも働き方改革を先行する意義は大きいと述べた。

さらに、脳科学の知見からも、10代の子どもの健全な発達において父親の関与が非常に大きいことを踏まえ、働き方改革が健全な社会をつくることにもつながるとし、最後に、立ち止まらずに変化し続け、その変化を組織全体に広げる発信をしてほしいとの期待を述べた。


■役員総括

寺井常務による総括が行われた。日本通運の女性社員の平均勤続年数は男性より短く、海運事業支店ではこの10年で入社したメンバーの6割が女性であることを踏まえると、「超勤平均20時間以内」は企業としての生命線であると強調。

日本通運が企業として元気に生き続ける上では、多様性が重要であり、社内の陸海空それぞれが有する文化の一体化が求められると述べた。

以上の背景を踏まえ、あらゆる手立てを一つひとつ実現しながら、総労働時間を短縮し、有給休暇の完全取得実現に向かっていくことの重要性を再確認し、課単位、チーム単位、個人で生産性を上げること、そのために経営職もサポートしていくことを約束した。


■意見交換会

最後に、参加者全員による活発な意見交換会が開催された。

「仕事ができる人に仕事が偏る傾向がある。残業削減、年休取得を推進していく上で公平感を損なわないようにするコツは?」との質問に対して、コンサルタントは「できる人の定義を問い直すことがポイントとなる。仕事を抱え込まずに見える化し、上手に引き継げる人が『できる人』と、モデルチーム内でも変化していった」と回答。モデルチームからは、「チームの目標のために行動していく人が、できる人である」との意見も寄せられた。

また、「取組を継続していく上でのポイントは?」の質問に対しては、「とくに管理職の評価に反映することがポイントとなる」「ライフで頼りにさせる場を持つことで後戻りしなくなる」との回答があったほか、「改善とワーク・ライフバランスの関係性とは?」との質問に対しては「空いた時間に仕事を詰めていくのが改善であり、ワーク・ライフバランスでは空いた時間をライフに返すことで付加価値を生み出していくものである」との回答がなされた。


日本通運株式会社

所在地 
東京都港区東新橋1丁目9番3号
従業員数 
32,094人(2017年3月1日現在)
HP 
http://www.nittsu.co.jp/

ページトップへ戻る