講演の感想

サービス概要図

お申込みボタン

「介護と仕事の両立セミナー」を開催された株式会社日立ソリューションズ様より頂いたご感想

2012年11月12日に講演をさせていただきました、株式会社日立ソリューションズ。
担当の小嶋様より今回ご依頼いただいた経緯と、感想を頂戴しておりますのでご紹介いたします。

日立ソリューションズ ダイバーシティ推進センタ
小嶋 美代子 様

Q. 今回ご依頼下さった理由を教えてください。

 当社ではダイバーシティを積極的に推進しています。
その理由は、そこから新しい価値が生み出されると信じているからです。
日立ソリューションズにおけるダイバーシティの定義は 「会社で働く一人ひとりの多様性を尊重し、
その視点を経営に活かし成果につなげること」 としています。
仕事と介護の両立に向き合うことは、働き方や価値観の多様性を考える機会にもなります。
立ち止まって自分自身の働き方を考えてみる、家族の価値観、自分の価値観と照らし合わせる、
そんな機会を作りたいと考え、「仕事と介護の両立セミナー」を開催することにしました。

Q. 株式会社ワーク・ライフバランスを選んだ理由は何ですか?

働き方を見直すことで、少しずつでも会社風土として根付かせていきたいとお話したとき、
わたしたちの思いに共感していただき、ともに同じゴールを目指そうという熱意を感じました。
また、小室淑恵さんはご自身の経験に基づいたリアルな介護両立をお話しいただけるうえ、
育児と介護の相違についても考えるきっかけになると思いました。
講演を通じて、私自身を含めた参加者が、気づき、共感、刺激がいただけることを確信しました。

Q. 当日のご感想や満足度はいかがでしたか?

40代男性社員が多く参加していたのですが、熱心にメモを取りながら、
いつも以上に前のめりで参加していたことが印象的でした。深刻な表情になりやすい内容であっても、
終始真剣さと笑顔があふれる場となりました。
隣の席の人と意見交換をする場面では、お互いの置かれている立場を理解しつつ、ともに考えようという雰囲気になっていました。
アンケートによると、講演に満足したと回答した人が100%、また、65%が「今すぐにでも取り組みたい」と回答しました。
ご出産間近まで最前線で働いてらっしゃる小室淑恵さんの姿に、感動したという声もありました。

Q. 講演後の社内の反応・変化などはいかがでしたか?

10月11月は「時短推進強化月間」としていましたので、そこで開催することによって、
介護が多くの人に共通するキーワードとして認知されたように思います。
「考えるきっかけ」の位置づけどおり、講演会の内容をもとにワークショップを開いた職場もありました。
介護に関する会社制度についての問合せや相談も出てきました。
介護で会社を休むことをポジティブにとらえている社員の事例も出てきて、そういった情報を全社で公開するようにしました。
これを機会に、認知症サポーターになった人、ホームヘルパーに挑戦している人もいます。
働き方の見直しは、すぐ劇的変化を起こすものではありませんが、今後もダイバーシティ風土を醸成していきたいと思います。

 

お申込みはこちらお申込みボタン
本文終わり