コンサルタントご紹介

サムネール画像

小室淑恵(こむろ よしえ)

2006年株式会社ワーク・ライフバランスを設立。900社以上に働き方改革コンサルティングを提供し、残業を削減しながら業績を向上させ、従業員の出生率も向上するなどの成果が出ている。全国で年200回を超える講演依頼を受け、役員や管理職が働き方改革の必要性を深く理解できる研修に定評がある。多種多様な価値観が受け入れられる日本社会を目指して邁進している。自らも2児の母として子育てをしながら、効率よく短時間で成果を上げる働き方を実践。残業ゼロ、有給取得100%で増収増益を達成し続けている。2014年9月より安倍内閣「産業競争力会議」民間議員、2015年2月より文部科学省「中央教育審議会」委員、内閣府「子ども・子育て会議委員」、経済産業省「産業構造審議会委員」、厚生労働省「社会保障審議会年金部会委員」など複数の公務を兼任。おもな著書に『労働時間革命』(毎日新聞出版)『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)『女性活躍 最強の戦略』(日経BP社)など著書多数。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004受賞。2014年5月ベストマザー賞(経済部門)受賞。趣味はネイルアート、マラソン、カメラ、温泉めぐりなど。休日もアクティブに過ごす。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

大塚万紀子(おおつか まきこ)

創業メンバー・パートナーコンサルタント。金沢工業大学大学院客員教授。豊富な知識をもとに現場の働き方にそったコンサルティングを提供、労働時間を削減しながら売上・利益を上げるなどの成果を出している。自らのコーチングスキルを活かしながら、多くの経営者と“経営戦略としてのワーク・ライフバランス”について対話を続け、ダイナミックな働き方改革を仕掛けることを得意とする。行政組織における働き方の見直しや、地域創生の鍵としての働き方改革促進についても経験が深い。主な顧客は経済産業省、㈱リクルートスタッフィング等。二児の母。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

工藤真由美(くどう まゆみ)

2006年株式会社ワーク・ライフバランス設立に創業メンバーとして参画。主なクライアントには、西部ガス株式会社、パシフィックコンサルタンツ株式会社、コクヨ株式会社、株式会社ジェイ・ティー・ビーなどがある。風土の改革や残業削減など必ず実績の出るコンサルタントとして、多くの企業から指名を受ける。「働き方を見直す」といっても、業種や職種、職場の雰囲気によって企業ごと、チームごとに目指す目標や好みの手法、改善スピードなどが異なる。自主的、かつ継続的に取り組み、残業削減はもちろん、職場の風土改善が進み、担当企業からはすべて複数年継続のご依頼を頂いている。
2009年に結婚。勉強会や旅行、ホームパーティなどで多彩な方々とのコミュニケーションを楽しんでいる。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

横山真衣(よこやま まい)

2007年株式会社ワーク・ライフバランスに参画。
前職で「管理職になりたくない」という経験から、女性が自ら管理職を目指せるようになる風土の醸成や女性活躍推進をテーマに掲げ、女性対象の研修や女性を育成する管理職に向けたダイバーシティマネジメント研修の講師で多くの実績を持つ。また、個人の業務特長や事情に配慮したきめ細やかなフィードバックと提案、それぞれの企業特性に寄り添ってのコンサルティングプラン構築等で顧客からの信頼が厚い。特に中小企業、地方企業での実績を多く持ち、各企業の状況にあわせて行う適切な助言等について定評がある。

制度を分かりやすく周知するガイドブック(ハンドブック)作成にも実績が豊富で、
これまで担当したクライアントは株式会社ブリヂストン、東京地下鉄株式会社、
株式会社東急ハンズ、丸紅株式会社、小田急電鉄株式会社、本田技研工業株式会社など多岐に渡る。

プライベートでは、年1回10日程休みを取得し、これまでにペルーやクロアチア、トルコ、インド、モロッコなどを訪れており、2017年は9月より約1か月かけてアメリカ横断を予定している。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

風間 正彦(かざま まさひこ)

1997年日産系販売会社入社。2006年に入社したタコスチェーン運営会社で取締役に就任したのち、2009年より株式会社ワーク・ライフバランスに参画。
大企業から中小企業まで幅広く担当。一般的にワーク・ライフバランスが実現しづらいと考えられている飲食業に経営者としても携わった経験を活かし、ワークライフバランス導入のための敷居の下げ方まで配慮した提案には定評がある。
講演・研修では、前職の長時間労働から短時間で成果を出す現在のスタイルに至るまでの苦しみや戸惑いまでも披露することで、多くのクライアントから共感を得ている。
ライフの面では。糖尿病の愛猫を看護しながら、フランスでワインを飲みながら走る『メドックマラソン』に参加し完走するなど、アクティブに過ごす。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

高安千穂(たかやす ちほ)

2002年総合人材サービス会社に入社。法人営業、求職者カウンセリングなどを通じて、延べ3,000名を超える人材の紹介に携わる。
2009年より株式会社ワーク・ライフバランスに参画。
働き方見直しコンサルティング、女性をはじめとした多様な人材活躍のための組織変革サポート、女性活躍推進行動計画策定支援、課題解決ワークショップ、階層別スキルアップ研修、キャリアデザインワークショップ、学生や若手向けキャリア教育などを主に担当。小規模なチームから1万名を超える大組織まで業種業態を問わず担当し、経験に裏付けられた柔軟な対応力、参加者の主体性を尊重した対話とファシリテーション、参加者の背中を力強く押すような承認力に定評がある。自身が2度の育児休業を取得している経験から、ワーキングペアレンツや若手社員・学生向けのキャリア研修やロールモデルカフェ開催の実績も豊富。ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座講師を数多く務めることから、卒業生及び認定・加盟コンサルタントとのネットワーキング、地域を変革するコンサルタントの育成にも、積極的に取り組む。プライベートでは、2児の母。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

松久晃士(まつひさ こうじ)

ワークスタイル変革のコンサルティングに強みを持つ。自動車、食品、化粧品、印刷、製薬などのメーカー企業のほか、中央省庁、自治体、研究機関でのワークスタイル変革のプロジェクトを支援している。前職のトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社では、営業部門・商品企画部門・生産計画部門を経験。「スピード経営」と称される前職のビジネス環境の中で身につけ、進化させた独自の仕事術は、ビジネス雑誌や経済番組などで取り上げられ大きな反響をよんだ経験を持つ。シンプルでわかりやすい図解とユーモアを交えた説明は、相手との壁を取り除く「言葉のバリアフリー」と称され、クライアントの会議時間の削減や業務効率向上など、具体的な成果に結びついている。ライフでは静岡県三島市に居住し家族3人で地域活動に参加。7カ月の育児休業経験を持つ。毎年ハーフマラソンへの出場と記録更新を目標に日々トレーニングに励む。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

深堀 雅史(ふかぼり まさし)

2007年スポーツサービス会社入社。店長を務めながら小・中・高生へのサッカーコーチを担当。2010年株式会社ワーク・ライフバランスに入社。コンサルタントとして、多くの企業の働き方見直しコンサルティングを担当している。
前職で子供・保護者との面談を通じ、子どもが心に問題を抱える原因は家庭にあると気づく。子ども以上に働く大人のサポートの必要性を痛感し、キャリアカウンセリングを学びCDAの資格を取得。その過程で、ワークライフバランスの概念に出会い、強く共感し、当社に参画。
従来の働き方を変えることに不安をもつクライアントに対し、つまずいている要因を共に考え乗り越えていく、きめ細かいサポートに定評がある。また、学生時代から続けている介護ボランティアの経験を踏まえた「介護と仕事の両立セミナー」の講師としても好評を博す。(※2013年、ホームヘルパー二級取得)
趣味は読書とフットサルで、年間30回の試合をこなす。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

大西 友美子(おおにし ゆみこ)

2003年日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社入社。企業の基幹業務アプリケーションのアドオン開発等を担当。2011年株式会社ワーク・ライフバランスに入社。
前職では、「ランチde英会話」など複数の社内コミュニティを自主的に立ち上げ運営。職場全体のスキルアップに寄与し、日本IBMのWeb Awardにてコミュニケーション賞を受賞。
働き方の見直しコンサルティングでは、高いプロジェクトマネジメントスキルを活かし、多くのメンバーを巻き込みながら短時間で成果をあげる工夫についてアドバイスを行う。リーダークラスの研修では、ワークライフバランスの実現方法だけでなく、自身の体験に基づく、チームメンバーの気持ちと期待値をコントロールするマネジメント手法も提供。高い評価を得ている。
ライフでは、2児の母でもあり最近始めたウクレレに奮闘中。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

村上 健太(むらかみ けんた)

SBI損害保険株式会社に入社。管理本部、商品開発部、経営企画部を経験。CEOである北尾義孝氏の課す社内レポートにて緻密な分析に基づく実効性のあるアイデアが評価され金賞を受賞。
入社当初、社内において業界紙の回覧が遅く情報の共有が遅れている現状と、入社社員が多いことによる社員間のコミュニケーション不足という課題を解決するため「保険毎日通信」と銘打ったメルマガを毎日社内に配信。業界紙の要約だけでなく、入社社員の紹介記事も掲載することで、職場の生産性向上と活性化に寄与した。
周囲に相談せずに仕事を抱え込んだことが原因で、自身も長時間残業に苦しんだ経験を持つが、時間をかけた最終アウトプットを大きく否定されるという苦い経験を積んだことがきっかけとなり、「最終アウトプットイメージを提供するノウハウ」や「中間地点での確認と報告を怠らない仕事の進め方」を確立。後輩指導に役立て、チームとしての長時間労働の削減に成功した。
株式会社ワーク・ライフバランスに参画してからはそのスキルを活かし、仕事を抱え込む傾向にある長時間労働のクライアントに対し、効果的なアドバイスを行うことで定評がある。
ライフでは、ロックアーティストのライブに月に1回以上参加するほど音楽好き。他にも日本酒のテイスティングを好む。2011年にはまた、自己研さんの一環として宣伝会議社主催の「編集・ライター養成講座」に通い、執筆した最終作品が優秀賞を獲得。
想いを言葉にするスキルには定評があり、ワーク・ライフバランス社のHPにおけるライティングをほぼ全て担当している。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

永田 瑠奈(ながた るな)

大学卒業後、福利厚生代行サービス事業会社に入社。企業に対する福利厚生アウトソーシングサービスの営業を担当。様々なクライアントを担当しながら、WLBの重要性を理解しながらも着手できない中小企業の課題、女性の社会進出や働く環境等の重要性を改めて痛感し、2012年に株式会社ワーク・ライフバランスへ参画。
若い女性たちのキャリア支援セミナーから管理職向けのマネジメント研修、トップや経営層との対談まで幅広く担当。三重県 働き方改革・生産性向上推進懇談会(ワーク・ライフ・バランス推進タスクフォース)では座長を務める。きめ細やかな対応やプロジェクトマネジメントスキル、相手に合わせたコミュニケーションやフィードバックスキルに定評があり、講演・コンサルティングともにリピート率が高い。
ライフではホットヨガを約10年続けており、忙しい中でも心のリフレッシュを欠かさずにいる。また、趣味を活かして整理収納アドバイザ―の資格を取得。柔軟な働き方を十分に活用し、四半期に1度以上はまとまった休暇を取得して海外を旅している。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

堀江 咲智子(ほりえ さちこ)

幼少のころよりモノづくりに興味を持ち、大学では機械工学を専攻。
2006年株式会社ノーリツに入社。研究開発職で新規商品開発に携わった後、商品企画室へ異動。デザイナーと協業しながら商品企画を行う。その際、ライフのインプットが商品へアウトプットできることを身をもって実感。生活者と視点を忘れず、生活が楽しくなるモノづくりを心掛ける。さらにその後営業職へ異動となり、商品を作るところから売るところまで、一通り経験した。
また2008年より社内の女性活躍推進プロジェクト「ビタミンWスクエア」にも参画。出産を機に離職する女性の多さを実感し、全国の女性従業員が働きやすい職場にするための施策を実施する。キャリア支援セミナーやネットワークづくり、ハンドブックの作成などに携わる。また自身も若手女性のロールモデルとして後輩女性社員からも信頼される。
2012年株式会社ワーク・ライフバランスに参画。前職での経験を活かし、女性活躍推進コンサルティングや、インプットを増やすことで、仕事の質を上げる手法を得意とする。
2013年11月に第1子を出産後、ますますタイムマネジメントのスキルを研鑽しつつ、子育てによるインプットを仕事へのアウトプットにつなげている。
ライフではハンドメイドの趣味を生かし、ハンドメイドサークルを主催。また趣味の英会話も10年続けており、言葉の壁を取り払ってコミュニケーションを楽しんでいる。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

大畑 愼護(おおはた しんご)

2009年 凸版印刷株式会社入社
営業職として大手化学品メーカーの商品パッケージ(包材)の企画、提案を行う。
新商品立ち上げの際は、全国を駆け巡りながら、クライアントへのヒアリング~商品のデザイン立案~工場での製造テストを繰り返し、クライアントの中にある“想い”を丁寧に形にしていくことにやりがいを見出す。
パッケージという生活に身近な商材を扱う中で、自身の家庭生活そのものが、生活者視点に立った新製品のアイディアや業界動向の知識につながることを体験し、ワークとライフの相乗効果の重要性を学ぶ。
自身の仕事に誇りを持ちながら働く一方で、同僚が体調を崩し「好きな仕事が苦しみの原因に変わっていく」ということを目の当たりにして“長時間労働”が引き起こす危険性に問題意識を持つ。それをきっかけに、個人の業務効率化だけでなく、チーム内の業務内容の見える化、業務配分の見直し、メンバーのモチベーションコントロールといった、チームで助け合う施策を展開し、残業時間を1/2の時間に削減させた。
2013年に株式会社ワーク・ライフバランスへ参画。
育児休業者職場復帰支援プログラム【armo(アルモ)】や時間の使い方や業務進捗を「見える化」する分析ツール「朝メール.com」等のWebサービスを担当。また、ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座の運営を担う。
現在は二児の父であり、保育園のお迎え~食事~入浴までの所要時間を測り、いかに記録が更新できるか試行錯誤をしている。父・夫・個人としての相乗効果を生み出し次世代の夫婦のロールモデルになるべく日々奮闘中!!
(続きを読む…)


 
サムネール画像

浜田 紗織(はまだ さおり)

3児の母として子育てをしながら、働き方の見直しを推進、特に管理職層へのアプローチに定評がある。
ワーク・ライフバランス後進業界であっても、先進企業として生産性を向上してゆく働き方の見直しの実績がある。
主なクライアントは、国土交通省中部地方整備局、日本通運株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、NTT都市開発株式会社、日本国土開発株式会社等。

2005年東京急行電鉄株式会社に入社。鉄道大規模改良工事のプロジェクトマネジメントや現場監督を行い、
当時、男性中心の職場環境であった鉄道事業本部の総合職第一号の母社員として、
産休育休復帰モデルを作り、女性の働きやすい職場環境整備に貢献する。

趣味は料理。育休時にはライフの活動領域を広げ、台所から家族を作るプロジェクトFrom Kitchenに立ち上げから参加し、
広報として等身大の子育て世代が無理なくできる食卓づくりを発信。2012年、同プロジェクトがキッズデザイン賞を受賞。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

田村優実(たむら ゆみ)

2013年株式会社ワーク・ライフバランスに参画。コンサルタントとして、省庁・自治体やエネルギー会社・旅行会社・商社・金融機関・建設会社・IT企業・アパレル業界・ホテル業界・小売業界といった幅広い業界の「働き方見直しコンサルティング」を担当。大企業だけでなく、地域に根ざした中小企業のクライアントも数多く抱える。社内では、入社後5カ月、最年少で広報マネージャーに推薦され、クライアントの社内・社外広報にも関わりブランディング向上にも定評がある。2015年から地域創生事業にも熱心に関わり、岩手県盛岡市、東京都瑞穂町、長野県飯綱町などの事業コーディネートを担当している。

私生活では、時間制約のない自分が会社の定時以降の生活を充実させるには?を考え、「育児でもない。介護でもない。自分の戦闘力をあげるためのWLB。」を追求している。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

二瓶美紀子(にへい みきこ)

ワーク・ライフバランスコンサルタントとして、地方都市の中小企業、地方自治体から、
IT企業、大手総合商社まで幅広い分野でコンサル・研修を実施している。
労働法制や労働政策に詳しく、グローバルな視点からのアドバイスにも定評がある。
明るく優しい人柄で、クライアントに寄り添いながら明確なビジョン設定に導き、
アクション改革を促すコンサルティング・スタイルを得意とする。
また、産業競争力会議民間議員等を務める小室の政策提言の立案をサポート。広報業務も兼任する。
女性活躍推進の講師としても指名が多く、自らの経験に基づく実践的なアドバイスが好評。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

田川 拓麿(たがわたくま)

2007年三菱オートリース株式会社に入社。大企業向けの営業を主に担当。データ分析による論理的な課題解決から解決策の実行に定評がある。2015年株式会社ワーク・ライフバランスに参画。入社直後から、これまで培った鋭い分析力とスピーディな対応力で社内外の信頼を集めている。一人一人の課題と社会全体の課題とを結びつけ、納得した状態で働き方を変えることを促すサポート力に評価が高い。また、企業に対してはもちろんのこと、将来、社会人になる学生に対して、ワーク・ライフバランスを広めることが、結果的に日本社会全体を変革できると考え、学校現場での講演も積極的に行っている。
(続きを読む…)


 
サムネール画像

新井セラ(あらい せら)

ホテル業従事後、社会的責任監査を行うSTR-RS (Specialized Technology Resources –Responsible Sourcing、その後買収により株式会社UL ASG Japan RS部門に。) に入社。アメリカやヨーロッパからのクライアントの依頼による日本全国及びアジア各国での監査を担当、長時間労働環境を改善できずに取引先としてのリスク判定が上がっていく企業が多いことを実感。働き方の改善はもちろん、国際市場の動向もインプットしていくことが日本企業の競争力を高めると感じる。2015年株式会社ワーク・ライフバランスに参画。複雑なプロセスを分解し、誰でも瞬時に理解、行動できる仕組み作りを得意とし、会話を通して本質的な課題を引き出している。ニュージーランド人の父と日本人の母を持つ。北海道出身、群馬県在住。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

松尾 羽衣子(まつお ういこ)

大学卒業後、広告会社㈱東急エージェンシーに入社。マーケティング部門にて、顧客によって異なる悩みやリクエストに対し、
根本解決や新しい付加価値を創造する斬新な提案を行ってきた。
2013年人事部門に異動。社員教育と新卒採用を主に担当するなかで、組織論やモチベーションマネジメントを学ぶ。
株式会社ワーク・ライフバランスに参画後は、強みである「巻き込み力」を駆使し、クライアントの課題に
対してチームの多様な意見や個性をまとめあげ、オーダーメイドで解決策を提案するスタイルには定評がある。
また、前職の経験を活かした社内広報業務や、クライアントのブランディングに寄与する提案も行っている。

(続きを読む…)


 
サムネール画像

川本 孝宜(かわもとたかのり)

大学卒業後、富士通株式会社に入社。政令市を中心とした自治体の営業を担当。社会システムを安定稼働を通じて市民の暮らしを守ることに貢献してきた。大規模プロジェクトに関わってきた経験から、顧客・社外関係者が多数関係するプロジェクトであっても、課題を整理し解決することを得意とする。
株式会社ワーク・ライフバランスに参画後は、これまで経験してきた「人との関わり合い」を大切にし、相手の納得感を尊重し、本質的なゴールに向かって進むアプローチには定評がある。

(続きを読む…)


 
 
本文終わり

加盟コンサルタントご紹介

当社主催「ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座」を受講、認定試験を合格された方の中で、当社加盟ワーク・ライフバランスコンサルタントとして実績豊富なコンサルタントをご紹介します。

» 加盟コンサルタントとは?
» 加盟コンサルタントのご紹介


本文終わり