会社概要

「仕事」も「家庭」も「パーソナリティ」

「多様な価値観を持つ人が、それぞれにその能力を100%発揮する」

一見、当たり前のようなことがまだまだ難しい日本社会。

今までは、「仕事」と「家庭(私生活)」が切り離され、
個人の家庭事情による問題は、個人が解決するのが常識でした。

しかし、核家族化、少子高齢化が進む中で、個人の置かれている環境は多様化し、
介護・育児・ケガ・病気等による休業は誰もが抱える可能性のある問題となりました。

こうした状況で、企業はこれまでと同じ組織のあり方では
個人の能力を十分に活かしきることが難しくなっています。

「ワークライフバランス」とは、1990年代、不況下にあったアメリカ企業が
従業員の活性化を図るために積極的に取り組んだ制度です。

私たちは単に「仕事と家庭をどう両立していくか」という捉え方だけでなく、
両者を調和させることで、むしろ相乗効果が生み出されると考えます。

私たちが目指すのは、企業が個々の社員のニーズにあった効果的なケアを提供することで、
個人の多様性から生み出される能力を100%発揮させ、結果的に企業力をアップさせる、
個人・企業がwin-winな関係を築く社会です。

株式会社ワーク・ライフバランスは、家庭の充実が仕事の充実につながり、
企業が活性化することが個人の生活に潤いを与える、そんな素晴らしいスパイラルを作るお手伝いを致します。


【アドバイザリーボード】

わたしたちがワーク・ライフバランスを実現できる社会の創造を目指して社会に貢献する企業として発展するため、社外の豊富なご経験、知識をお持ちの方々に様々な視点からアドバイス・ご提言をいただく会です。
いただいたご意見をもとに、わたしたちの使命をより明確に具体的にし、実際のアクションにスピーディにつなげてまいります。

» アドバイザリーボードの皆様についてはこちら


 

社名 株式会社ワーク・ライフバランス
所在地 東京都港区芝浦3-6-5
設立年月 2006年7月
資本金 10,000,000円
代表者 代表取締役社長 小室淑恵(こむろよしえ)
主な事業 ワーク・ライフバランスコンサルティング事業

休業者職場復帰支援事業

講演・研修事業

ワーク・ライフバランスコンサルタント養成事業

ワーク・ライフバランス組織診断事業

主な取引先 愛知県警察
秋田銀行
イーソル株式会社
飯田市
株式会社愛媛銀行
株式会社大分銀行
大分県
大阪ガス株式会社
キヤノン労働組合
京都大学
京都府
経済産業省
国土交通省
埼玉県
佐賀市
敷島製パン株式会社
西部ガス株式会社
株式会社ジェイティービー
株式会社七十七銀行
ソニー銀行株式会社
大成建設株式会社
武田薬品工業株式会社
東京地下鉄株式会社
株式会社東芝
名古屋大学
日本GE株式会社
日本放送協会
日本マイクロソフト株式会社
パシフィックコンサルタンツ株式会社
株式会社八十二銀行
株式会社日立製作所
株式会社日立ソリューションズ
富士電機株式会社
防衛省
北海道ガス株式会社
丸紅株式会社
UAゼンセン
横浜国立大学
株式会社リクルートスタッフィング

※五十音順・敬称略

 
本文終わり