働き方改革コンサルティング

サービス概要図

お問い合わせボタン

■【概要】

福利厚生ではなく経営戦略としてのワークライフバランス。これを組織内で実現するための、働き方改革を行うコンサルティングです。

残業ゼロを実際に実践しながら、900社以上の企業にコンサルティングを行った当社だからこそ提供できるノウハウをもとに、企業の課題に応じてコンサルティングプランを策定。

ワークライフバランスを推進するトライアルチームを選び、一連のコンサルティングを実施。終了後は、クライアントがコンサルタントに依存することなく、自ら働き方を見直し改善する組織へと変化することをゴールとしています。

今までの長時間残業に頼った働き方では、企業経営は立ち行かなくなります。育児や介護などの事情を抱えた労働時間に制約のある社員は年々増え続けるため、長時間労働できる人材しか生き残れないという組織のままでは人材を確保できなくなるのです。誰もが短時間で成果を出せるよう働き方改革を行なうメリットは、残業削減や社員の離職を防ぐことにとどまりません。様々な立場の社員を登用するからこそ、多様化した市場のニーズに適合した商品・サービスの開発も可能になるのです。

■【特徴】

1.「残業禁止」の当社だからこそ提案できるコンサルティング!

当社のコンサルタントは全員、過去に長時間労働を経験したことがあります。
業務量を減らさず、定時に帰るまでの苦労や困難を経験しているからこそ、お客様に寄り添った実効性のある提案をすることができます。

2.のべ900社以上のコンサルティング経験を元にしたオーダーメイドプラン!

100社あれば100通りの課題と解決策があります。きめ細やかな分析とヒアリングを通じて課題を明確にした上で、御社に最適なコンサルティングプランを策定します。

3.現状把握からワークライフバランスの定着までの一気通貫サポート!

働き方の見直しを行うトライアルチームは約1ヶ月に1度のペースで、取り組みの成果を発表する定例会を行い、当社からのアドバイスを受けます。
現状の把握から定着までは、平均8か月間の地道な取り組みとなるため、定例会を活用することで最後まで意欲を維持して成果に繋げることができます。

4.目指すは、コンサルティングの必要のない自走する組織への変革!

「コンサルティングが終わったら働き方が元に戻った」では意味がありません。自発的に話し合うチーム力醸成をサポートし、長期的に継続できる改善策を中心に展開することで、コンサルティング後も自ら働き方を見直し続けることのできる組織への後押しをいたします。

5.国内外のワークライフバランスの最新情報を必要に応じて提供!

多様な業種業界にわたってコンサルティング案件を進め、行政とも連携しながら随時国内外のワークライフバランスについて調査している当社だからこそ、提供できる情報があります。

■【これまでの実績】

かんぽ生命様、東急不動産様、シップス様、内閣府様、コクヨ株式会社様、西部ガス株式会社様、敷島製パン株式会社様、新潟県総合生活協同組合様、パシフィックコンサルタンツ株式会社様、長野県飯田市様など多数

大企業から中小企業まで、様々な業種の企業・組織から依頼をいただいており、残業時間30%減、売上30%増という結果を残した企業様も。

■【詳細】

働き方の見直しコンサルティングを通じたワークライフバランスの実現には4ステップあります。

コンサルティングのステップ

調査:アンケートやヒアリングを通じて、取り組み内容を決めるための「現状把握」

導入:研修を通じた意識改革や、働き方を変革する上で必要な制度整備などによる「基礎固め」

実行:PDCAサイクルを回した働き方の見直し実際に進めていく「組織変革」

定着:成果の出た手法を仕組化し、確実に機能するよう制度面の変更も行う、自走する組織へと進化する「自己変革」

コンサルティングプラン例

プラン例

お客様の声

事例コクヨ株式会社 人材開発部 赤木由紀様
「他部門にわたり、成果を出すことができました!」

» 詳細はコチラ
» その他のコンサルティング事例はコチラ

よくあるご質問

Q1. 現状把握はすでに社内で実施しているため事務局設置から依頼したいのですが可能ですか?

A1. 上スケジュールはあくまでも一例ですので、お客様のこれまでのお取り組み内容などをうかがったうえで、プロジェクトのステップを設計させていただきます。もちろん、事務局設置からご依頼いただくことも可能です。


Q2. 3カ月で成果を出したいのですが、その期間でプログラムを作ることは可能ですか?

A2. 成果をどのように定義されるかによって異なってまいります。たとえば、プロジェクトチームの「時間」や「効率化」に対する意識を変えることをゴールとされるのであれば、3カ月でも十分成果が期待できます。大幅な残業時間の削減を希望される場合は最短8カ月を予定いただくことをおすすめいたします。まずは御社の課題や想定されていらっしゃる成果の内容についてお聞かせいただければ幸いです。


Q3. コンサルタントは選べますか?

A3. 多様な経験を持つ当社ワーク・ライフバランスコンサルタントをご紹介させていただきますので、御社の課題やご予算に応じてお選びいただけます。


Q4. 費用はどの程度になりますか?

A4. プロジェクト内容やプロジェクト参加チーム数、期間、ご提供場所、担当ワーク・ライフバランスコンサルタント等により異なります。プランのご提案やお見積りは無料にて承りますので、お気軽にお問合わせください。

 

お問い合わせボタン
本文終わり